信用格付機関

ゆうちょ銀行(JP BANK)によって実施されているサービスについては平成19年に廃止された郵便貯金法での「郵便貯金」としてではなく、銀行法(銀行に関して規定する法律である)に定められた「預貯金」を準拠した扱いのサービスなのだ。
いわゆる金融機関の(信用)格付けというのは、信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関を含め国債を発行している政府や、社債などの発行企業などの、信用力(支払能力など)を基準・数字を用いて評価するのです。
この言葉、「銀行の運営の行く末は銀行の信頼によって成功を収めるか、そうでなければ融資するほど価値がないものだと認識されたことで発展しなくなるかである」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの名言)
【用語】保険:予想外の事故のせいで生じた財産上の損失に備えるために、制度に参加したい多数の者が定められた保険料を掛け金として納め、集めた資金によって保険事故が発生した際に保険金を給する制度なのだ。
預金保険機構(DIC)が支払う保険金の補償の最高額は"預金者1人当たり1000万円以内(但し当座預金など決済用預金は全額)"のみ。同機構に対しては日本政府だけではなく日本銀行ほぼ同じくらいの割合で同じくらいの割合で
BANK(バンク)は机やベンチを意味するbancoというイタリア語に由来すると言われている。ヨーロッパ中で最古の銀行にはびっくり。今から約600年前にジェノヴァ共和国で設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行である。
【解説】バブル経済(日本では91年まで)ってどういうこと?市場価格の動きが大きい資産(例えば不動産や株式など)が取引される価格が行き過ぎた投機により実際の経済成長を超過したにもかかわらず高騰し続け、当然の結果として投機による下支えができなくなるまでの経済状態である。
アメリカの連邦預金保険公社FDIC)をモデルに設立された預金保険機構が支払う預金保護のための保険金のペイオフ解禁後の補償額は"預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円(決済用預金は全額)"のみ。この機構は日本政府及び日銀さらに民間金融機関全体が大体3分の1ずつ
【解説】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債や短期金融資産などで運用し利益を得る投資信託のことを言うのである。気を付けよう、取得してから30日未満に解約の場合、その手数料には違約金分も必要となるというものである。
つまりスウィーブサービスについて。今までの銀行預金口座と(同一金融機関・グループの)証券取引口座、この2つの口座間で、株式等の購入資金、売却益などが手続き不要で振替されるぜひ利用したいサービス。同じ金融グループによる優良顧客囲い込み作戦です。
きちんと知っておきたい用語。スウィーブサービスとは、銀行の預金口座と証券用の取引口座、この間で、株式等の資金や利益などが自動的に双方に振替えてくれるぜひ利用したいサービス。同一金融グループ内での顧客の囲い込み戦略ということ。
麻生総理が誕生した平成20年9月、米国の超大型の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが突如破綻したことは記憶に鮮明だ。この経営破たんがその後の世界の金融危機の引き金となったので「リーマン・ショック」と名づけられたと言う経緯がある。
Y2Kともいわれた平成12年7月、大蔵省(現財務省)から金融制度の企画立案に関する事務を統合させて平成10年に誕生した金融監督庁を金融庁(現金融庁とは異なる)として組織を変更。翌年の平成13年1月、省庁再編に伴い金融再生委員会を廃止し、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。
覚えておこう、金融機関の信用格付けって何?信用格付業者が金融機関など国債を発行している政府や、社債などの発行企業、それらの支払能力などを一定の基準に基づいて主観的に評価するのです。
MMF:公社債であったり短期金融資産で運用して利益を求める投資信託です。注意すべきは取得してから30日未満に解約しちゃうと、なんと手数料に罰金が課せられるというルール。

広告を非表示にする